読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

vol.19 デジタルイラストにおけるテクスチャの作り方

f:id:BOEL:20160527162334j:plain

こんにちは。イラストレーターの西山です。

今までphotoshopでの手書き風イラストでは、アプリケーション自体の機能を多く使用してきました。 しかし、より質感を出すために本物の紙や絵の具の塗りムラを使う場合もあります。 

素材はネットでも多く配布されていますが、大きいサイズのイラストに対応できる解像度や使いやすさを考えて 自分でいくつか作っておくと便利です。 今回は素材(テクスチャ)の作り方や、あると様々なイラストに対応できる便利な素材をご紹介します。

 

1. 素材を集める 

f:id:BOEL:20150311123119j:plain

たくさんの種類の紙を集めよう

絵の下地になる紙を集めましょう。 

ざらざらした紙、適度に質感がある紙の2パターンを集めておくと便利です。 凹凸のあるざらざらした質感がPCでは扱いやすいです。 

(例:ざらざらした紙→画用紙、マーメイド紙・適度な紙→藁半紙、習字紙)

色は白い紙を選ぶと、どのイラストにも合わせやすいです。 時折薄い黄色系やグレー、劣化で茶色みを帯びた紙を使うと変わった空気感が出ておすすめです。

 

2. PCに取り込みます

f:id:BOEL:20150311123146j:plain

 

高めの解像度でスキャンします

解像度は大きめでスキャンをしています。 webだけでなく印刷用にも使えるようにするためです。 モードはプリント写真モードを使用します。 プレビューを見ながら出来るだけ自然に見えるモードを選びます。

私は補正はあまりしないようにしています。 紙の汚れやテカリなども質感として使える場合があるため、 イラストごとで変更するようにします。

 

3. 使い方

f:id:BOEL:20150311123153j:plain

色やレイヤーモードを調整して馴染ませます

テクスチャをレイヤーの一番上に配置します。 vol.9レイヤーモードの使い方を参考にモードや不透明度を調整します。

色味に大きく変化がない素材は早い段階で画像に反映させておくと 完成形を掴みやすいです。 変化が出やすい素材の場合は後で反映するか、スポイトツールで色を選ぶ際に 非表示しながら進めます。

使いたかった色にテクスチャが影響してしまうので注意が必要です。

 

4. あると便利な素材

f:id:BOEL:20150311123158j:plain

画材の質感を出すことができます

画材の質感を出す為に絵の具で塗りつぶした紙があると便利です。 グレーや茶系の絵の具をたっぷりの水で溶き、 あえてムラが出るように塗ったテクスチャは手軽に水彩らしい濃淡が表現できます。

更に複雑な光の動きを出したい時は、アルミホイルに軽く皺をつけてスキャンするとおすすめです。

 

5. まとめ

f:id:BOEL:20150311123204j:plain

画材の質感を出すことができます

素材はあればあるだけ面白い質感がだせます。 土や木の板、襖の表面などスキャナーを使わず写真で取っておくのもおすすめです。

テクスチャに使えるものがないかいろんな所を探してみるといいですね。