読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

vol.38 知ると便利なWEB解析ツール
Google Analytics

f:id:BOEL:20160125112218j:plain

ディレクターの白子です。


Google Analyticsは、Googleが提供するアクセス解析ツールです。


「どのページがユーザーに見られているか」「どこからのアクセスがあるのか」
「離脱率が高いのはどのページなのか」など、
Webサイトのアクセスに関連するさまざまなデータを分析することができます。
今回は、Webサイトを作成したらぜひ始めたいGoogle Analyticsについてご紹介します。


1.Google Analyticsのアカウント作成


2.トラッキングコードとGoogle Analyticsの導入


3.Google Analyticsの基本的な使い方


※この記事は2016年1月22日時点の情報です。


1.Google Analyticsのアカウント作成

01.事前準備

Google Analyticsを始めるには「Googleアカウント」が必要です。


事前に「Googleアカウント」を登録しましょう。

f:id:BOEL:20160125112326j:plain


02.Google Analytics アカウント登録

Googleアカウント」を取得後、Google Analyticsの公式サイトへアクセスします。
Google Analytics 公式サイト 右上の「アカウントを作成」をクリックします。

f:id:BOEL:20160125112352j:plain


Googleアカウントのログイン画面が表示されます。


Google Analyticsで使用するGoogle アカウントのメールアドレスとパスワードを入力し、
「ログイン」をクリック。


次のような画面が表示されます。

f:id:BOEL:20160125112411j:plain

「お申し込み」をクリックします。

これで現在ログインしているGoogleアカウントで、Google Analyticsが利用できるようになります。
次にGoogle Analyticsアカウントを作成します。


1つのGoogleアカウントで複数Google Analyticsアカウントを関連づけできるため、
たくさんWebサイトを運営している人は、同じGoogleアカウントで作成すると管理しやすいです。


次に項目が出るので、それぞれ記入します。

f:id:BOEL:20160125112425j:plain


1.トラッキングの対象(ここではウェブサイトを例にしていきます)


アクセス解析をおこなう対象を選択


2.アカウント名

Google Analyticsを利用する際のアカウント名を設定


3.ウェブサイト名


Google Analyticsを設置するWebサイトの、Webサイト名を設定
Webサイト名と「ウェブサイト名」は同じ名前に設定すると分かりやすいです。


4.ウェブサイトのURL


アクセス解析したいサイトのURLを記入


5.業種


サイトに該当する、または一番近い業種を設定
26種類の業種が選択できるようになっています。


6.レポートのタイムゾーン


「日本」を設定

 

ここまで記入が終わったら、「トラッキングIDを取得」をクリック。


利用規約の画面が表示されるので、国を「日本」に設定、「同意する」ボタンをクリックします。


これでGoogle Analyticsへの登録は完了です。


2.トラッキングコードとGoogle Analyticsの導入

次はGoogle Analyticsを導入していきます。


導入するには「トラッキングコード」をWebサイトに設置する必要があります。


■「トラッキングコード」とは?
WebサイトにアクセスするとGoogle Analyticsのプログラムが動作し、
アクセスのデータをGoogleのサーバーに送信しデータが蓄積されます。


そのデータを集計し分析できるのがGoogle Analyticsです。


このプログラムがトラッキングコードです。

f:id:BOEL:20160125112518j:plain


このコードを、Google Analyticsを導入したいWebサイトに設置しましょう。


コードをWebサイトに設置したら、アクセス解析が可能になります。


すでにGoogle Analyticsの登録が済んでいる方は、
Google Analyticsにログイン→画面上部「アナリティクス設定」をクリック→
アナリティクス設定画面の「プロパティ」→「トラッキング情報」→「トラッキングコード」
から確認できます。


Webサイトへのトラッキングコードの設置場所はソースの<head>~</head>タグ内です。
アクセス解析の対象となる全てのページに設置します。


設置したソースファイルをアップロードすればトラッキングコードの設置は完了です。


Google Analyticsにトラッキングコードが反映されるのには、多少タイムラグがあります。


設置してから24時間以上経ってもデータがレポートに表示されない場合は、トラッキングコードが正しく設置されているか確認してください。


3.Google AnalyticsでWebサイトの情報をみる

f:id:BOEL:20160125112540j:plain


Google Analyticsの公式サイトへアクセスします。


Googleアカウントとパスワードでログイン。

アクセス解析をしたいWebサイトの「すべてのウェブサイトのデータ」をクリック。


するとGoogle Analyticsのメイン画面が表示されます。

画面上部「レポート」をクリックすると
Webサイトのアクセスに関するデータを見ることができます。

f:id:BOEL:20160125112556j:plain


「レポート」の5つの項目

画面の左部分にあります。各項目を押すとさらに細かい項目が出てきます。



・リアルタイム


現時点でWebサイトにアクセスしているデータ

 



・ユーザー


ページビュー(Webサイトが閲覧された回数)やセッション(Webサイトへアクセスしてから離脱するまでの一連の行動)など「ユーザーの情報」が分かる

 



・集客


「どのWebサイトから、アクセス数がどれくらいあるか」など「どうやってアクセスされているかの情報」が分かる

 



・行動
「どのページにアクセスが多いか」や「ユーザーがどのページからどのページへ移動しているか」など「ユーザーの行動」が分かる

 



・コンバージョン


ビューに対して目標を設定し、目標達成率を計測できる

 

基本的な情報を見る

「分類や項目が多すぎて、どうやって見たらいいか分からない…」ことに陥り、
せっかく登録してもGoogle Analyticsを見なくなってしまうことも…。


そこで、よくある「Webサイトのこの情報を知りたい」内容の確認方法を次にまとめました。


01.「訪問数やページビュー数を確認したい」


画面の左の項目「ユーザー」→「サマリー」を開きます。


ここで訪問数やページビュー数がどれだけあるかなど、確認できます。


画面右上に表示されている日付を変更すると「期間を指定する」ことができます。


アクセス数を確認したい期間を指定すると、該当のデータが表示されます。

f:id:BOEL:20160125112705j:plain


02.「アクセスしているユーザーの性別や年齢を知りたい」


画面の左の項目「ユーザー」から「ユーザーの分布」→「サマリー」を開きます。


ここでユーザーの年齢や性別が確認できます。


ターゲットの分析などに役立ちます。


f:id:BOEL:20160125112717j:plain


03.「どこからのアクセスが多いか知りたい」


画面の左の項目「集客」から「サマリー」を開きます。


どうやってこのWebサイトにアクセスしたか分類され、
セッション率、直帰率、平均セッション時間など確認できます。

f:id:BOEL:20160125112734j:plain


■「上位のチャネル」とは?
「organic」:検索エンジンからアクセス
「referral」:どこかのWebサイトからリンクをたどってきたアクセス
「Social」:ソーシャルメディアからのアクセスです。
下記のようなアクセスを指します。


Twitter
・Facebook
・Hatena
・Pixiv
・Tumblrなど
「Direct」:Directアクセスは下記のようなアクセスを指します。


・URLを直打ちしてのアクセス
・ブックマークからのアクセス
・RSSリーダーからのアクセスなど


04.「Webサイトがどういうキーワードで検索されているか知りたい」


画面の左の項目「集客」から「キャンペーン」→「オーガニック検索」を開きます。


「検索に使われたキーワード」が一覧で確認できます。


※「(not provided)」とは…キーワードを特定できなかったもの

f:id:BOEL:20160125112802j:plain


05.「どのページでユーザーがWebサイトから離れているか知りたい」


画面の左の項目「行動」から「サイトコンテンツ」→「離脱ページ」を開きます。


ここで「離脱ページの一覧と、各ページの離脱数や離脱率」が確認できます。

f:id:BOEL:20160125112811j:plain


■離脱ページとは?


「ユーザーが、Webサイトから離れたときのページ」です。


ユーザーがあなたのWebサイトのAページを見て、同じあなたのWebサイトのBページに移動しました。


その後、あなたのWebサイトではない全く別のWebサイトへ移動したりして、あなたのWebサイトを離れました。


このときのBページが「離脱ページ」です。


おわりに

いかがでしたか?


知ると、もっとWebサイトの分析をしたくなってきませんか?

Google Analyticsは今回ご紹介したことよりも、もっと多くのことを解析できるツールです。


少しづつ知って、Webサイトの運営に役立ててもらえればと思います。