読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

vol.16 えんぴつ風ブラシの作り方

f:id:BOEL:20160527162640j:plain

こんにちは。イラストレーターの西山です。

前回のvol.4 使い方いろいろ!オリジナル筆圧ブラシの作り方ではPhotoshopの基本的な筆圧ブラシの作り方をご紹介しました。

今回はそれを応用してえんぴつ風ブラシを実際に作ってみましょう。えんぴつ風ブラシがあると一気に手書き風な質感がだせるようになります。

 

1. 基本的な設定方法

f:id:BOEL:20150212114451j:plain

ブラシの先端と筆圧を設定します。

今回はえんぴつ風でもややガサガサした質感が残るデッサンやクロッキー向きな鉛筆の質感を目指したいと思います。「Chalk 11 pixels」という輪郭がギザギザのブラシを選択してからブラシウィンドウを調整していきます。vol.4の「基本的な設定方法」を参考にスピード感がある線が描けるようにします。「最小の直径」は低く設定しましょう。

 

2. 輪郭を調整します。

f:id:BOEL:20150212114502j:plain

散布を設定します。

vol.4の「手書き風ブラシの設定」を参考に散布や数を調整して輪郭をさらにガサガサさせます。

 

3. テクスチャを掛けて紙の上に書いている質感をつける。

f:id:BOEL:20150212114513j:plain

テクスチャを設定する。

だいぶえんぴつらしくなりましたが、ここでテクスチャを設定します。テクスチャを掛けることで線の太い部分にムラができます。今回は「木炭紙」テクスチャを使いましたが、イメージする紙にあわせて変更するとより自然です。

最後に「その他」「滑らかさ」にチェックを入れて書き心地を整えたら完成です。

 

まとめ

f:id:BOEL:20150212114523j:plain

線の太さによって使い分ける

今回ガサガサした質感のえんぴつブラシのため、細い線を描くには不向きです。細い線用に細いブラシを作っておくと便利です。ブラシ先端のシェイプから「直径」を小さくしてペン先を細くします。そして散布を減らしたり、テクスチャを弱くします。

みなさんもぜひためしてみてくださいね。

 

vol.9 ペンタブユーザー必見!レイヤーモードの使い方 - BOEL Inc. TIPS

 

 

vol.4 使い方いろいろ!オリジナル筆圧ブラシの作り方 - BOEL Inc. TIPS

 

 

vol.3 使うとこんなに便利!ペンタブレットの使い方 - BOEL Inc. TIPS